Niklas Modig(ニクラス モディーグ)

  • AUTHOR "This is Lean"
  • NIKLAS MODIG
  • https://niklasmodig.com

Niklas Modig was a researcher at the Center for Innovation and Operations Management at Stockholm School of Economics between 2003 and 2018 and he is now one of the leading authorities within lean and operational excellence. He has been living for extended periods in Japan and reads, writes, and speaks Japanese fluently. From 2006 to 2008, Niklas was a visiting researcher at the “Center of Excellence – Manufacturing Management Research Center” at University of Tokyo where he researched together with professor Takahiro Fujimoto who is the leading Toyota researcher of all time.

As the first and only foreign researcher in the world Niklas was given access to conduct a in-depth study of Toyota Motor Corporation’s most high-performing service systems. He has spent thousands of hours inside Toyota trying to understand the depth of their philosophy.

ニクラス・モディグは2003年から2018年までストックホルム経済大学イノベーション・オペレーションマネジメントセンターの研究員で、現在はリーンやオペレーショナルエクセレンスにおける第一人者の一人である。日本に長期滞在しており、日本語を流暢に読み、書き、話すことができる。2006年から2008年まで、東京大学の「ものづくり経営研究センター」の客員研究員として、トヨタ研究の第一人者である藤本隆宏教授と共同研究を行った。
世界初、唯一の外国人研究者として、ニクラスはトヨタ自動車株式会社の最もパフォーマンスの高いサービスシステムの徹底的な研究を行う機会を与えられた。彼は、トヨタの内部で何千時間も過ごし、彼らの哲学の深さを理解しようとしました。